寝ジワ

練る女性

寝ジワ。

小学生や中学生、高校生までなら笑って済ますことができましたよね。寝ジワ。

これが大学生、社会人になるとちょっと笑いごとでは済まない場合があるんです。特に40代に入ると、この寝ジワが取れなくてメイクをするときに困ってしまいます。

そんな寝ジワどうしたらつかないようになるのだろうか?

寝ジワ 原因

寝癖が悪い女性

寝ジワができる原因はなにあか?

寝ているときにシーツやまくら等が顔に当たり続けていることによって起こってしまいますよね。シーツやまくらの撚れが主な原因になるともいます。場合によってはファスナーなんかも原因に。これは最悪です。

それらが長時間顔に押し付けられていると後がついてしまいます。

若いころはあとが付いたとしてもすぐに綺麗になくなっていたものです。

それが30代から40代以降、なかなか消えなくなります。これはお肌の弾力が失われたことが原因になるみたいです。

それから、塩分やアルコールですね。いわゆるむくみが原因で寝ジワが付きやすくなります。むくみというのは水分が溜まっている状態。

想像しただけでも方がくっきりと残りそうですよね。

そうならないためにも塩分やアルコールは次の日に大事な予定がある場合は控えたほうが無難かもしれませんね。

寝ジワの取り方

スキンケアする女性

一度ついた寝ジワはとることは難しいです。取り方というよりも化粧で隠すしか方法がありません。

なので、寝ジワがつかないようにすることが最大の回避方法になります。

それはどうすればいいのか?

まずは、顔がむくまないように塩分やアルコールを控えることですね。これによってもし寝ジワが付いたとしても溝が深くなることもありません。

それからスキンケアをすること。肌の弾力がなくなることで寝ジワが取れにくくなってしまう。そうならないためにも日ごろからスキンケアを怠らないようにしてお肌の弾力を失わないようにしましょう。

最後に究極の方法は・・・

仰向けで寝て寝返りを打たない。

これです。

顔に何も当たらなければ寝ジワができることはありませんからね。ただ、これはこれで疲れてしまいます。

まとめ

できた寝ジワを取るのは大変です。ほぼほぼ難しいです。

なので、寝ジワができないような生活、スキンケアをするようにしないといけませんね。予防が大切ということですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする