夏バテ

熱のある犬の画像

もうじき、過酷な暑い夏がやってきますね。今年は猛暑日になる地域が多いとか・・・

そこで対策が必要なことが夏バテです。

夏の暑さにやられて貴重な時間を無駄にはしたくないです。夏バテの症状を敏感に感じ取って早めの対策!

また、日ごろの食事や生活習慣を改善して夏バテを予防したいですよね。夏バテに関して色々調べてみました。

夏バテ 症状

そもそも夏バテの定義ってないみたい。夏の暑さに負けて体調に異変が起きることを夏バテと呼んでいるそうです。

夏バテ以外にも夏負け、暑気あたりと呼ばれることもあるそうです。

そんな夏バテの症状とは?

・倦怠感
・食欲不振
・頭痛、吐き気
・胃腸症状(便秘、下痢)

見るだけで嫌になりますよね。暑い夏に頭痛や腹痛さらに吐き気・・・もう、仕事どころじゃないですよね。

それでも、毎日35度を超えるような猛暑日が続いてしまうとそうなっても仕方がない・・・と思ってしまうのも事実。

そんな夏バテの原因はいったいなんなんでしょうか?

夏バテ 原因

暑い日が続いてしまうとどうしてもさっぱりして冷たいものを食べることが多くなってしまいます。飲み物だってそうですね。

冷たいものをたくさん飲んでしまいます。

もうこれが夏バテの原因になってしまいます。

夏バテの原因のほとんどが生活習慣からくるものです。

・食事の栄養バランスが偏ってしまうと、暑くて体力も消耗してしまうのに栄養も足らない。

・暑さによる大量の汗。その為、体のミネラルが不足する。

・外の暑さと冷房の効いた涼しい部屋の温度差。これは自律神経が乱れる原因に。自律神経が乱れるとさまざまな症状が出てきます。

夏バテと言っても原因は様々ですね。

特に、最近では室内外の温度差による自律神経の異変が大きな原因になっているそうです。

自律神経の乱れによる症状は「全身の倦怠感、頭痛、動悸、めまい、不眠、胃腸症状等」症状は人それぞれみたいですが、

これって、夏バテの症状と似ていますよね。

部屋の冷房の温度を上げるだけでも夏バテ対策になりますね。

夏バテ 対策

夏バテの原因がわかれば対策もあります。

原因をつぶしていけばいいだけですからね。

暑くても食事は栄養バランスのとれたものをしっかりと食べる。

冷麺や素麺と言った食べやすいものばかりはよくないですね。また、暑いからと言って冷たいものを飲みすぎたり、アイス等を食べすぎたりするのも夏バテの原因みたいです。

体内が冷えることで消化器系の働きが悪くなって消化不良を起こし、食欲不振になる原因です。

汗をかいたらミネラルを補給することを忘れずに。

これは夏バテ予防とともに、熱中症対策にもなります。熱中症が原因で救急搬送される人もたくさんいるので注意が必要です。

最後は室内外の温度差をなくすこと。

冷房の温度設定を上げるだけで改善することができます。

とはいうものの、オフィス等たくさん人がいるところで勝手に温度設定を変えることができない場合があります。

そんな時には体が冷えないように上着を着たり、ひざ掛けをするといいですね。

体が冷えることで体調も悪くなりますし・・・

まとめ

今年の夏は猛暑日が続く恐れがあるそうです。

そんな夏の暑さに負けないように日ごろの生活を見直しておくのもいいかもしれませんね。

また、夏バテとともに、熱中症にも注意が必要になりますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする