猛暑日

夏バテについて調べているときに『猛暑日』や『酷暑日』『真夏日』『夏日』『熱帯夜』といろいろな呼び名が出てきたので気になったのでついでに調べてみました

猛暑日とは

猛暑日とはとても暑い日です。

温度が35度以上の日のことを猛暑日というそうです。

今年の夏はこの猛暑日を記録するところが多くなるそうですよ。

更に、40度を超す可能性もあるといわれていますよね。夏バテ、熱中症には注意が必要になります。

今のうちからエアコンの手入れをして置くほうがいいかもしれませんね。

40度を超える日にエアコンがつぶれたら・・・

いっその事、年数が経っているエアコンは買い換えておくほうがいいかもしれませんね。

酷暑日とは

酷暑日という言葉は正式な予報用語ではないそうです。

猛暑日のことを酷暑日と呼んだりするそうですよ。

まぁとにかく暑い日ということですよね。

猛も酷もどちらも暑の前についていれば、ひどい暑さを連想させてくれますよね。

真夏日とは

真夏日は猛暑日よりも少し気温が下がった日。

30度を超えた日のことを真夏日というそうです・・・きっとほとんどの日が真夏日になるんでしょうね。

今年は真夏日と猛暑日どちらが多くなるでしょうか?

夏日とは

真夏日よりも気温が低い日です。

25度以上の日だそうですが・・・もうすでに夏日ですね。

私の感覚では梅雨が明けたら夏のイメージなんですが・・・まだ梅雨入りもしていないのに夏日です。

熱帯夜とは

熱帯夜は寝苦しい・・・

確かに寝苦しいですね。最低気温が25度以上の日を熱帯夜というそうです。

暑くて寝苦しい夜もすぐにやってきます。

やっぱりエアコンの準備はすでにしておくほうがいいかもしれませんね。

扇風機でしのげる日が少なくなってきましたよね。

まとめ

猛暑日、酷暑日、真夏日、夏日、熱帯夜、とそれぞれの気温の違いをまとめてみました。

どれにしても『暑い』ということには変わりがないということですね。

暑いからと言ってエアコンを効かせすぎると夏バテの原因になるので注意が必要になりますよ。