日焼け止め 塗り方

快晴

今からの季節紫外線の影響が気になります。そんな時に必須になるアイテムが「日焼け止め」ですよね。女性のお肌を紫外線のダメージから守ってくれる凄いヤツです。

ただ、日焼け止めも万能ではないです。塗り方を間違っていると効果は半減以下・・・そのため、お肌が黒く焼けてしまう可能性が出てきます。

日焼け止めの正しい塗り方をまとめてみました。

日焼け止め 顔 塗り方

日焼け止めが一番大事になってくるのは顔ですよね。足や腕等は洋服で隠せることも可能ですが、顔はそうはいきません。帽子をかぶったところで紫外線をカットするのは難しいです。やっぱり日焼け止めに頼るしかありませんね。

日焼け止めは基本的な塗り方の順番があるのを知っていましたか?この順番を守らないと化粧が変になってしまうこともありますよ。

日焼け止め 顔 順番

顔に日焼け止めを塗る時には順番が大切になってきます。

日焼け止めは洗顔した後、化粧水や乳液の後に塗ります。そのあとにメイクアップペース、ファンデーションを塗るのが基本になります。

そうしないとファンデーションがヨレたりして汚い仕上がりになってしまうんです。

でもね、日焼け止めによってはこの順番ではない場合があるので、パッケージに書いてある使い方を参考にしてくださいね。

また、順番も大切なのですが、それ以上に塗り直すことも大切ですよね。もし、化粧が崩れていたら日焼け止めの効果も薄れていると思って間違いないでしょう。化粧直しと一緒に日焼け止めも塗り直しましょう。

日焼け止め 塗り方 量

日焼け止めの順番や塗り直しも大切なんですが、日焼け止めの量も紫外線からお肌を守るためには必要になります。

日焼け止めってべたつきますよね。だからと言って量を少なく、薄く塗ったりしたら・・・きっと後悔することになります。

日焼け止めの効果はたっぷり塗ることで得られますので、量を少なくすることでその効果も薄くなります。

まとめ

日焼け止めはこれから必須のアイテムになりますね。上手に使ってこまめに塗り直して、紫外線から大切なお肌を守りたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする